番地グループ
ルール
※2019年1月28日より従来の4人打ちに加え、3人打ちも追加されました。

★4人打ち基本ルール★

  • ありありルール
  • 東風戦。場風は東西
  • 東4局終了時、トップ目27000点未満で南入
  • 南場は場風が南北、27000点以上でゲーム終了
  • 親は回り親、テンパイ連荘(形式テンパイあり)
  • 60000点終了あり
  • 1本場1500点
  • 九種九牌、四風連打、四開槓は親は流れず本場の加算
  • ダブロンあり、トリロンは流局
  • 4人リーチ続行
  • 0点ちょうどは続行(リーチは1000点以上ないとかけられません)
  • 白ポッチ1枚、リーチ後はいつでもオールマイティ
  • オーラスの親は2着以上で和了やめあり(3着、4着の場合は続行)
  • 鳴きはポン、カンが優先(発声優先ではありません)
  • 流し満貫あり、流局時の成立
  • 大明槓のパオあり、槓振りはなし
  • 見せ牌、コシ牌は現物のみ出和了不可

★ご祝儀★

  • 鳴き祝儀あり
  • 赤:伍萬、5筒、5索に1枚ずつ
  • 金:5索に1枚
  • 赤、一発、裏は1枚につき500G
  • 金は1枚につき1000G
  • 役満祝儀:出和了5000G、ツモ和了3000Gオール
  • とび賞500G

★白ポッチについて★

  • 間違えて切ってしまった場合も和了を認める
  • 高め取り、安め取り、裏を見てからの決定可能
  • 手牌、河に捨てられているときは通常の白扱い

★パオの摘要について★

  • 大明槓に摘要
  • 役満
    大三元、大四喜、四槓子を確定させた場合
    ツモられ:点棒、祝儀ともにパオ者がすべて支払
    横移動:点棒、祝儀ともに役満部分のみ折半の支払
    (積み棒、役満以外の祝儀は放銃者のみの支払)

★和了放棄★

  • 多牌、少牌をした場合
  • 誤ロン、誤ツモで倒牌前の場合
  • 副露の晒し間違えをし、打牌が完了している場合
  • 他家に見える形での同巡喰い換えをした場合

★チョンボ★

  • 親、子関係なく3000点オールの支払
  • ノーゲーム扱い(局中のリーチ棒はリーチ者に戻ります)
  • 親チョンボはオーラス以外流局
  • ノーテンリーチをし、流局した場合
  • 見せ牌、コシ牌の現物での出和了
  • 誤ロン、誤ツモで倒牌した場合
  • リーチ後の送り槓
  • リーチ後に誤ロン誤ツモ(倒牌前)をし、流局した場合
  • 九種九牌の誤倒牌
  • ゲームを続行不可能な状態にした場合
  • 和了放棄者のポン、チー等の発声

その他、ゲーム中の裁定はスタッフに従って頂きますようお願い
いたします。

★その他詳細ルール★

  • 国士無双の暗槓和了あり
  • 四槓子は最後の打牌が完了した次点で成立
  • 13翻以上で数え役満(役満祝儀はつかない)
  • リンシャンにツモ符は加算されない
  • 連風牌の対子は4符
  • 積み棒、供託リーチ棒、親の権利はすべて頭ハネ(上家取り)
  • 空ポン、空チー、空カンは1000点の罰符で続行
  • 鳴きの晒し間違えは打牌以前であれば修正可能
  • 発声の言い直しは鳴き行為が可能であれば1000点罰符で修正可
  • ただし和了に関する発声、リーチは取り消し不可
  • リーチ後にチョンボが発生した場合、リーチ棒は罰符の支払いよりも
    先に戻る
  • ノーテンやチョンボでトビが発生した場合、点棒が払えなくなった時点
    で飛び賞が発生





3人打ちレート・ゲーム代

  • 0.5(1,000点50G)
  • 40000点の沈みウマ
  • 箱下10,000点まで精算、精算時の50G単位は切り捨て
  • 1ゲーム400円、トップ賞200円、トップ者まとめ後払い

 

祝 儀

  • 鳴き祝儀あり
  • 一発、赤、裏ドラは1枚200G
    (赤6金2)
  • 役満:出和了2,000G、ツモ和了2,000Gオール

 

基本ルール

  • 萬子の2~8を抜き、108枚を使用する3人麻雀
    (チーはできません)
  • 35,000点持ち40,000点返し
  • 喰いタンあり、後ヅケありのアリアリルール
  • 東南戦
  • 南3局終了時、トップ目が40,000点未満の場合は東場に戻りサドンデス
  • 親は回り親
  • テンパイ連荘(形式聴牌あり)
  • ノーテン罰符は場に2,000点
  • 積み棒は出和了、ツモ和了に関わらず、1本1,000点
  • ダブロンあり(リーチ棒、積み棒、親の権利は上家取り)
  • 途中流局一切なし
  • オーラスの親はトップ時に限り、和了やめ、聴牌やめ可能
  • 0点は続行(立直は1,000点以上ないとかけられません)
  • 白ポッチ(1枚)あり、一発ツモのみのオールマイティ
  • 見せ牌、腰牌なし(誤ポン、誤チーした牌はチェック扱い)
  • ドラ表示牌手前までツモる
  • 残りのツモ番が無くてもリーチ可能
  • ドラのめくれないカンは不可
  • フリテンリーチなし、リーチ後の見逃しなし
  • リーチの取り消し不可
  • リーチ後の暗槓は任意
  • パオはなし
  • メンバー規制は一切ありません
  • 代走は本走と同じように打たせて頂きます。
    尚、放銃や手牌構成等の責任は一切負いかねますのでご了承お願い致します

 

役、点数計算

  • ツモピンあり
  • 4枚チートイあり
  • 3倍満は13翻から、数え役満は15翻から
  • 翻数、符計算は原則4人麻雀と同様
  • 100点棒は使用しない。出和了の100点台は切り上げ
  • ツモ損はなし
  • 特殊役満として、大車輪(清一色・七対子)、流し役満、人和、萬子の混一色、
    四北(北を4枚抜いて和了、祝儀なし)を採用
  • 流し役満は流局時成立(鳴いたり鳴かれたりリーチした場合は不成立)
  • 6翻役として、小車輪(混一色・七対子)を採用
  • 2翻役として、オープンリーチを採用(リーチ棒は2,000点、手詰まりで放銃し
    た場合祝儀なしの役満払い)

 

北について

  • 北は手牌として使用することも、抜きドラとして使用することもできる
    (どちらもドラ扱いとする)
  • 北を抜く際は「ペー」と発声する
  • 北は切ることもできる
  • 他家が抜いた北はポンまたはロンすることができる
    (北を2枚同時に抜かれた際はポンすることはできない)
  • 北を4枚抜いて和了ると役満となる(四北、祝儀なし)

 

白ポッチについて

  • 白ポッチは間違えて切った場合も和了となる
  • 白ポッチは高め、安め取り、裏を見てからの決定可能
  • 手牌の中、河に捨てられているものは通常の白扱い

 

罰 則

和了り放棄

  • 多牌、少牌をした場合
  • 誤ロン、誤ツモで倒牌前の場合
  • 副露の晒し間違えをし、打牌が完了した場合
  • 同巡喰い替えをした場合
  • オープンリーチに手詰まりでないのに放銃した場合(打牌は戻る)
  • 和了放棄になった場合、発覚した時点で鳴き行為はできません

チョンボ

  • 親子関係なく5,000点オールの支払い
  • 親のチョンボはオーラス以外流れる
  • チョンボがあった局はノーゲーム扱い
  • ノーテンリーチをした場合(流局時)
  • フリテンリーチ、リーチ後の見逃しをした場合(流局時)
  • 誤ロン、誤ツモで倒牌した場合
  • リーチ後に送り槓、待ちの変わるカンをした場合
  • リーチ後に誤ロン(倒牌せず)をし、流局した場合
  • 九種九牌を間違えて倒した場合
  • ゲームを続行不可能な状態にした場合
  • 和了放棄者の発声


ご不安、ご不明な点がありましたらスタッフまでお声掛け下さいませ